HOME > HOW TO USE

HOW TO USE ご使用方法

ボタニカルキャンドルのご使用方法

ボタニカルキャンドル画像

  • ご使用いただく前に、キャンドルを包むフィルムやラベルを全て剥がし、芯を5mm程度の長さに切ってから、まっすぐ立ててください。キャンドル表面に付着した埃などは、きれいに取り除いてください。
  • 家具等の上に直接置かず、キャンドルコースターなど、不燃性、耐熱性の皿の上に置いてご使用ください。直接置くとワックスや香料により、家具等のシミや変質の原因となる場合があります。
  • 最初にボタニカルキャンドルに点火する時には、最後まできれいに使っていただく為に、直径に見合った十分な時間使用することをおすすめします。目安として、直径により異なりますが、キャンドルの淵から2~3cm程度(プティキャンドルは1~2cm程度)までロウのプールが広がるのが理想的な状態です。最適なプールを形成するには長時間かかりますので、火の取扱いには十分注意してください。
  • 2回目以降は、一度に3時間以上(プティは2時間以上)の連続して使用しないでください。ボタニカルキャンドルを長時間使用し続けると、芯が長くなってすすが発生したり、溶けたロウの中に芯が倒れやすくなり、外形の崩れに繋がることがあります。キャンドルの様子を見ながら燃焼時間を調節してください。

ボタニカルキャンドル画像

  • 芯は常にまっすぐ中心に保ってください。もし芯が傾いたり、中心からずれてしまったときは、キャンドルツールやピンセットなどを使い中心に戻してください。炎の位置が片寄ると、一定方向だけ早く溶けてしまう原因となります。
  • 使用中に芯が長くなってきたら、一旦火を消してからはさみで芯を切り、再度火をつけ直してください。消火直後の芯に手で触れないようご注意ください。芯が長い状態で使用し続けたり、風が当たって火が大きく揺らぐと、黒いすすが出ることがあります。
  • 短時間の使用を数回繰り返すと、芯の周りだけが深く溶け、火が小さくなってしまいます。芯の周りだけ深く溶けてしまった場合は、芯のメンテナンスを行いながら長時間灯し、芯の周りのロウのプールを広げてください。
  • 火を消す時はキャンドルツールやピンセットなどを使い、溶けたロウの中に芯を倒して浸すように消すと煙が出ません。消火後はロウが固まりますので、すぐに芯を起こして中心に戻してください。
  • ボタニカルキャンドルは、最後まで全部使い切ることはせず、底から2~3cm(プティキャンドルは1~2cm)程度残して消火してください。
  • ボタニカルキャンドルは、炎に溶ける中心部と植物の入った外側の層との間に耐熱紙を挟んだ二層構造になっています。正しくご使用いただければ、植物が入った外側の層は溶けずに残ります。

ボタニカルリードディフューザーのご使用方法

リードディフューザー画像

  • ボトルにスティックを挿し、平らで安定した場所に置いてご使用ください。お好みで付属の木製キャップを付けてご使用いただけます。
  • 使用するスティックの本数を減らすと弱く、増やすと強く、香りの広がり方の強弱を調節することができます。ご使用中は、時々スティックを上下逆さまに挿し替えると、効果的に香りを楽しむことができます。オイルの吸い上げが弱くなった時は、新しいスティックに交換してください。
  • ボトル内のオイルをこぼした場合は直ちに十分拭き取ってください。オイルやオイルが浸透したスティックがお肌や家具、壁、衣類等に付かないよう、十分ご注意ください。
  • ガラスや陶器製のトレーの上に置いてご使用いただくことをおすすめします。強い風や直射日光が当たる場所を避けてご使用ください。

ボタニカルワックスサシェのご使用方法

ボタニカルサシェ画像

  • ラックやハンガーなどに吊り下げて、空間に広がる香りをお楽しみいただけます。クローゼット内の衣類の香り付けにも。ふわりと穏やかに広がる香りを楽しみたい方におすすめのホームフレグランスです。
  • 衣類や家具等の上には直接置かないでください。ワックスや香料により、 家具等のシミや変質の原因となる場合があります。
  • 車内など高温になりやすい場所や、火気付近、強い風が当たる場所、直射日光が当たる場所を避けて保管、ご使用ください。
一番上へ